ミネラルウォーターの種類によって味が異なる

ミネラルウォーターの種類によって味が異なる

ミネラルウォーターはどれも味が一緒ではなくて、大きく分けると「軟水」と「硬水」によって違いがあります。
軟水と硬水の基準は硬度によるもので、甘みを感じやすく飲みやすいのは「軟水」です。
水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムが少ない特徴があります。
一方で「硬水」はカルシウムやマグネシウムを多く含んでいるので苦みを強くてしっかりとした味わいがあります。
その名の通りに水に対して喉を潤した際に「硬さ」を感じやすくなるでしょう。
人によっては硬度が高いミネラルウォーターを摂取することで、内臓に負担をかけてしまうこともあります。
こうした水の性質は、国の地形や地層により大きく異なってきます。
ヨーロッパ地方ではミネラルが多い堆積岩が主流になる為に「硬水」が多くなりますが、日本の地層はミネラルの少ない火成岩ですので軟水」が中心となります。
自分が求める用途や飲み心地などを考慮して、ミネラルウォーターを選んでみるとよいでしょう。

ミネラルウォーターの種類の中で飲みごたえがあるのは

1Lあたりで見た時に硬度が高いのはミネラルウォーターでも硬水であり、120mg未満になります。
マグネシウムやカルシウムを存分に含むため、硬水には飲みごたえがあるのが特徴です。
一方で1Lで120㎎も無いのが軟水のほう、カルシウムとマグネシウムも少ないので、飲み口が軽やかであり飲みやすさがあります。
いつも使う水道水にもあるのが硬さの近い、でもほとんどの国内水道水は軟水です。
原水や硬度を比べながら好きなタイプを選ぶことができるのも、日常使う水道水にはないミネラルウォーター選びの楽しみでもあります。
消毒を目的とする塩素を水道水には使いますが、人体には悪い影響のないレベルで安全キープにも必要です。
ただ塩素特有のニオイは残りますので、美味しく感じるのはやはりミネラルウォーターと言えます。
加えて自分好みをチョイスできるのが大きな魅力であり、飲みごたえを重視するかなめらかな方がいいのかでも選べるのもうれしいです。

筆者:羽宮光行

筆者プロフィール

静岡県富士市生まれ。
意外と知らないミネラルウォーターについての記事を書いています。